テキスタイル生地販売

テキスタイル生地はどこで買う?
テキスタイル生地販売を行うお店はたくさんあります。
昔からある店舗で購入する事も可能ですが、より安い価格で買いたいなと思う場合は、ネットショップを利用するのも良いでしょう。
テキスタイル生地は色々な物を見れば見る程に、それを使用してこんなものを作りたい等のイメージが湧きあがってくるものです。
色々な生地を購入したいと思うのは当然とも言えますし、だからこそ少しでも安く買いたいと思うのです。
店舗では限られたスペースでの展示となり、置いてある生地の種類も限られてしまいます。
しかし、ネットショップの場合は展示するスペースも不要ですし、置いてある生地の種類も、店舗に比べると格段に多い場合がほとんどです。

特化したテキスタイル生地販売もある
北欧テキスタイル生地は人気ですが、身近なお店には置いていない、置いてあっても極少数、という事が少なくありません。
妥協して身近なお店で購入するのも一つの方法ですが、どうしても妥協したくないという場合には、ネットにある北欧テキスタイルに特化したショッピングサイトを利用してみるのもおすすめです。
もちろん、北欧に特化したショップだけでなく、モロッコ生地専門のテキスタイル生地販売、レトロな柄を専門に扱っているテキスタイル生地販売のショップもあります。
多く流通しているテキスタイル生地とは違って、遊び心に溢れた雰囲気を持つテキスタイル生地を、ちょっとした小物等に取り入れてみるのも面白いでしょう。

[関連ページ]
テキスタイル 生地 [リンク先:龍田紡績]

カテゴリー: まとめ | コメントをどうぞ

紡績業歴史

績業の始まり
紡績業歴史は、かなり長いです。
日本での最初の紡績とは、綿を自分で育てて糸を作って、細々と綿生地を作っていました。
飽くまでも、農民の副業や自分の為という側面が強かったのです。
そのうちに少し工業化が始まり、近所の人を雇う形で工場の小規模なものがスタートします。
しかし、日本がそんなチマチマと綿を作っている間に、ヨーロッパ、特にイギリスでは機械化した工場で綿生地を作っていました。
もちろん比べ物にならない程の量産が可能になりますし、イギリスの綿生地は機械生産によって製品ごとに品質のバラつきが無く、常に一定の品質を保っていたのです。
日本は、生産性を上げる為に、機械を取り入れて、海外の技術を取り入れる努力を始めます。
そして、国を挙げて取り組んだ結果、日本は世界一の紡績業国へとのぼりつめていきますが、その後は下降線を描いていきました。
今はクオリティで勝負をし、オンリーワンの繊維や生地を作る方向にシフトしています。

日本の紡績歴史のポイントは?
日本の紡績業が、一時的にでも成功を収められた要因として大きいのが、大規模経営、コスト管理と生産向上です。
また、外国から輸入した紡績機をそのまま利用するだけでなく、工夫や改良を加えていた事も大きいでしょう。
そして「日本近代紡績業の父」とも呼ばれる山辺丈夫という人物が現れた事も、日本の紡績業に大きな影響となりました。
各紡績企業がそれぞれに努力をしながら、一体となって紡績業を盛り上げた事によって、日本製の綿糸は主要輸出品にまで成長出来たと言えるでしょう。

カテゴリー: まとめ | コメントをどうぞ

綿 生地 通販

綿生地は比較的安価です
綿生地は生産量が安定している為、特別な高級品でない限り、基本的には安価で手に入ります。
また、値段だけでなく手に入りやすいというのも大きなメリットです。
スタンダードな織りでナチュラルなカラーや子供向けの柄の綿生地は、専門の大型手芸屋でなくても置いてありますし、大型手芸屋に行けば織り方や厚み・柄が驚くほどあります。
それでも、やはり店頭販売では置いてある綿生地に限りがあるので、こだわりを持って探している方には通販がおすすめです。
通販であれば、店舗にかかる経費が必要ない分、商品が安くなっている傾向もあります。
また、店頭販売では万人受けするオーソドックスな柄が多く、個性的な柄の綿生地は扱われません。
通販では、個性的な柄や、珍しい織りで作られた綿生地も手に入りやすいのも特長です。
ネット通販を利用して、賢く綿生地を買いましょう!

綿生地通販を利用する時の注意
綿生地を通販で購入する時には、書いてある説明をしっかり読むようにしましょう。
初心者の方は柄を見て気に入ったので購入するという方が多いのですが、実際に届いてみると思っていたより厚かった(薄かった)ので、思ったように使えなかったという事にもなります。
具体的なイメージを形にする時には、生地選びと言うのはとても大切なのです。
また、説明を読むだけでなく、少しでも綿生地に関する予備知識があれば失敗せずに済みます。
綿生地に関する事をちょっとずつ覚えていくと、通販であっても生地選びが一層楽しめるようになります。

[関連ページ]
綿生地 [リンク先:龍田紡績]

カテゴリー: まとめ | コメントをどうぞ

綿の生地の種類

綿の生地には色々な種類があります
綿と一口に言っても、織り方によって、様々な名前で呼ばれています。
もちろん、見た目の様子も全く違って来ますし、用途も変わってきます。
同じ物を作っても、使っている綿の生地の種類が異なれば、全く違った印象を与えてくれます。
織り方次第では、生地そのものに織り模様が出る事もあり、大きな装飾を行わなくとも美しく見えるという生地も少なくありません。
色々な種類の生地があるという事はそれだけで面白さがある反面、初心者の方にとっては生地選びの難解さが増すという面もあります。

よく見る綿の生地の種類は?
一番スタンダードと言われるのは、タオル地やブロードでしょう。
タオル地はその名の通り、タオルに使われている織り方です。
生活に欠かせないタオルに利用される以外にも、その吸水性の高さを利用して子供服にも使われる事があります。
ブロードは、シャツや薄手のエプロンに使われる事が多いので、どなたでも一度くらいは触れている事でしょう。
万能生地と言っても過言でない程広く使用する事が出来るのが特長です。
子供向けのキャラクターがプリントしてあるサラッとした薄手生地は、ブロード生地だと思って間違いないでしょう。
同じ子供向けキャラクター生地でも厚手の物はオックス生地である事が多いです。
また、綿の生地の種類の代表格には、ガーゼもあります。
ハンカチでよく使用されているイメージですが、生まれてすぐの赤ちゃんの肌着に使用される程に優しい生地です。

[関連ページ]
綿の種類について [リンク先:龍田紡績]

カテゴリー: まとめ | コメントをどうぞ

メキシコ綿の歴史

人類と綿はかなり古くから関わっています
綿は身近な繊維の一つです。
植物である綿花から取り出される綿糸によって作られており、その工程は紡績とも言われます。
綿にはいくつかの種類があり、それぞれに個性があります。
綿花の栽培はかなり古くからおこなわれている証拠が、メキシコで見つかっています。
約8000年前頃のものとされています。
メキシコ綿の歴史は、今の綿にも通じています。
ヒルスツムとも呼ばれており、綿花の90%はこれに属しています。
今アメリカで栽培されている綿のほとんどは、このヒルスツムを品種改良して作られたものでアプランド綿とも呼ばれています。
綿と人間の歴史を考える時には、メキシコやメキシコ綿の歴史を欠かす事が出来ません。

メキシコ綿は、日本にも関わりがあります
メキシコ綿の歴史は、人類の歴史とも複雑に絡み合ってきました。
メキシコはアステカ帝国の頃から綿繊維の衣類を着用していたと言われています。
第二次世界大戦後、日本向けの綿輸出によってメキシコ綿は成長しピークを迎えます。
アメリカ綿に準ずる品質である事がほとんどですが、一部のメキシコ綿にはかなりの高品質のものもあります。
アップランド綿の代表であるサンフォーキンクラスの光沢と白色、繊維強度を誇る程です。
いま日本に入ってくる綿の多くは安価なアジア産の物が多いのですが、メキシコ綿は柔らかいので、高級な布団やクッションの中綿としても使われています。
普通のメキシコ綿は、さらりとした感触のメンフィス綿に似ています。

カテゴリー: まとめ | コメントをどうぞ